喜多嶋舞 過激なベッドシーン・世の中の様々な話題を取り上げます!!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜多嶋舞 過激なベッドシーン


9月8日公開のエロス映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」で

喜多嶋舞が過激なベッドシーンを演じる。

その映画との内容とは

[夫の浮気をきっかけにすさんだ生活を送るようになる。

夜な夜な街頭に立ち、見知らぬ男たちとのセックスにふける。

ベッドでは全裸であらゆる体位で絡み合い、

さらにオナニーシーンから始まって電気拷問責め、緊縛、

コスプレセックスと、これでもかといった“艶技”を見せつけている。]

とまあ、ものすごい内容である。

これでストーリー性がなければ単なるAVじゃない?

まあ、これでいつものように後付で”芸術性”を強調するのであろうが・・・

喜多嶋舞の私生活も映画に負けじとすごいらしい。

以前はそんなキャラではなかったのに・・・。

ヤフーニュースより
スポンサーサイト
Copyright © スキャンダル!芸能人の裏・オモテ!! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。